反抗期の中学生は【正しくほっとく】母親の疲れた心が軽くなる5つの方法

この記事にはプロモーションが含まれています

反抗期の中学生は【正しくほっとく】母親の疲れた心が軽くなる5つの方法

子どもが反抗期に入ったくらいから、会話や接し方に悩むことが多くなってきませんか?

話しかけても、めんどくさそうに返事をしてきたり、無視したり。

すぐにカッとなり暴言を吐く、筋の通っていない発言をする、こちらをバカにするような態度を取る…

「ほっといていいものならほっときたい!」と思いながらも、親として関わらないわけにはいかないし…と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

読者さま

頭ではそういう時期とわかっていても、冷静でいられない…

筆者

私も悩んで疲れて、しばらく母親をやめたくなりましたよ…

この記事では、心理学的な情報も紹介しながら「最適なコミュニケーションの取り方」についてお伝えします。

さらに、実際に反抗期を乗り越えた私の経験や子どもの変化についてもお話しします。

ご紹介する5つの方法を取り入れていただくと心が軽くなりますよ。

ぜひ最後までお読みくださいね。


この記事の
筆者


中学生と小学生の2人の子どもの母。子育てや知育・幼児教育の知識が多く、森の幼稚園やどろんこ保育のスタッフもしてきました。
実際に子どもを育てている母の目線も活かしながら、育児や学習についての情報を発信しています。

◎知育教材が好きで、子どもと色々な通信教材や学習スタイルを経験。
◎子どもは国立小中学生。父親は元教員で受験指導を多数経験。

筆者が反抗期の子供との接し方がラクになった

↓ 心理学講座を見てみる ↓


目次

我が家の反抗期の中学生の様子

子どもが反抗期を迎えると親子の関係が変わり、これまでのコミュニケーションの取り方ではうまくいかなくなることが増えていきます。

この時期は多くの親が子どもとの関わり方を悩んでいます。実際、我が家も次のようなことを悩んでいました。

我が家の反抗期の悩み

小学生の頃は、楽しく会話ができたり、言ったこともちゃんと聞いてくれたり。親を素直に頼ってもくれたし、ひどい言葉も言いませんでした。

それが反抗期に入ると、次のような様子に!

反抗期の様子
  • 自分の要望だけしつこく伝えてくるが、かなわないとキレる
  • 話かけても、無視をする
  • 注意をしても、くちごたえをしてきかない
  • 親の傷つくことや暴言を簡単に言う
  • 部屋にひきこもって関わることを嫌がる
  • イライラして物にあたる

周りのママ友からも、現れ方に差はありながらも上のようなことが多いと聞きました。

あなたのお子さんもどれかは当てはまるのではないでしょうか?

親の方はというと、そんな子どもの態度によってこんな悩みを持つようになりました。

親の悩み
  • 子供と仲良く過ごしたいのにすぐにけんかになってしまう
  • 注意ばかりしてしまい疲れる
  • ひどいを態度取られたり暴言を言われて傷つく
  • 親を大事にしてくれないことでむなしくなる
  • かわいかった小さな頃と比べて、必要とされないことやうざがられることが悲しい

悩みはすぐに解決できないうえに、毎日のことなのでどんどん積み重なってしまいます!

筆者

注意することに疲れ、暴言などに傷つき、母親って何なんだろうとむなしくなりました

子どもと関わらなければ、子どもをほっとけば、疲れることも傷つくこともむなしくなることもない。

ですが、母親としてそれではいけないだろうと葛藤する日々を過ごしていました。

読者さま

母っていう責任を投げ出しちゃダメって思いが消えないんですよね…

反抗期の中学生をほっとく正しい方法とその結果【実録】

心理学などの情報により、反抗期の中学生は「ほっとく」ことが必要だと気付いた私は5つのポイントに気を付けて接しました。すると子どもの態度もどんどん落ち着いていきました!

ここからは、我が家が実践した方法とその結果をご紹介します。

反抗期の中学生も変わった!接し方5つのポイント

接し方には次の5つのポイントがあります。

  1. 信用を伝えるために「ほっとく」ベースにする心構えを持つ
  2. 話かけてきた時は共感を心がける
  3. 待つ、そして「大丈夫?」と声をかける
  4. 認める&感謝は効果大!
  5. こちらの要望の正しい伝え方を知る

1つずつ詳しくお話していきますね。

信用を伝えるために「ほっとく」ベースにする心構えを持つ

まず「ほっとく」をベースにするという心構えを持ちました!「ほっといていい範囲」と「ほっといていい内容・物事」を今までよりもどんと増やしてしまうんです。

「ほっとく」ときには、「子どもが自分で選択したことで起きる問題は、子ども自身の課題なんだ」という考えを持つことがおすすめです。子どもにかかわる物事を親も少し距離をとって見ることができますよ。

その結果、子どもは自分を信じてもらえているという感覚を持つようになります。

ただ、子どものことを何も考えない「放任」にならないようにします。そのため「信用しているからほっとくけれど、困ったときにいつでも助けにいくよ」「いつでも応援しているよ」というスタンスでいることは大切です。

  • ほっとくことを増やし、「あなたを信用しているよ」という気持ちを伝える
  • 放任はせず適切なタイミングで声をかける

この2つのこの心構えを持ったうえで、次からの方法を取り入れてみてくださいね!

筆者

この心構えで接しはじめると、子どもの心がほわっと柔らかくなった感覚がありました!
さらに「子どもに信用を伝えている」と思うと気が楽になり、私自身も肩の力を抜くことができましたよ。

話かけてきた時は共感を心がける

ほっとくをベースにすると、親から子供へいろいろ言わなくてよくなります。そうすると、子どもの方から話をしてくれることが増えてきました。

会話は親子の心が近づく大チャンスです!次のことに気を付けて会話をするようにしました。

コツは3つの「ない」と「共感」です。

  • 子どもの話をさえぎらない
  • 子どもの意見を否定しない
  • 親の意見は基本的に言わない
  • 子どもの気持ちや考えを考察して、共感の言葉を伝える

親としてどうしても共感できないとき以外は、この方法で話を聞きましょう。

どうしても共感できないときは、子どもの気持ちをくんだうえで親の意見を伝えることが大切です。

筆者

(基本的には)否定されないからか、子どももどんどん気持ちを話してくれるようになりました!
会話をしていると、親の話も聞くようになっていきましたよ。

読者さま

忙しくてもまずは最後まで聞くことを意識してみます

待つ、そして「大丈夫?」と声をかける

ほっとくをベースにしていると、親は子どもが行動するのを待つことが多くなります。それは子どもが自分の課題と向き合う機会です。

とはいえ「なかなか行動しないけど、もうさすがに待てない!」なんて時もありますよね!

例えば、次のような場合。

  • 朝、起きてこない
  • 塾に行く時間なのに用意しない
  • 勉強をなかなか始めない
  • ゲームを終わらない

この時に「しなさい!」ではなく「〇〇する時間だけど、大丈夫?」「〇〇するはずだけど、いいんだっけ?」のように声をかけます。

命令形で言われないことと、心配されている雰囲気によって、子どもも反発する気持ちが減ります。

もちろん声をかけても、子供がうまく行動できずに失敗することもありました。

そのときは「次はどうする?」と声をかけておきます。

ダメな結果になったことは子どももわかっているので、そこを責めないこと。

ほっとくことは、子どもが自分の課題を自分のものとしてとらえることにつながります。

筆者

「ほら、あの時にちゃんと行動しなかったから」と言いたくてもこらえます!
繰り返すことで、少しずつでも次どうするかを自分で考えるようになりますよ。

ただ、勉強に関しては「親として、ほっておいていいのか?」と悩む場合もあると思います。

勉強をしないことも自分の課題ではあります。

ですが、受験の時期は、あとで簡単に取り戻せないものでもありますよね。

中学生とはいえまだ心は幼いので、ここぞというところは、道を示してあげることも必要です

親が口を出さずに、システムや講師が子どもを無理なく導いてくれる下記のようなものを利用するといいですね。

\自分から勉強しない子には 特におススメ/

認める&感謝は効果大!

ほっとくをベースにすると、今まで親が指示していたことを子どもが自分からやることが出てきます。

その時はすかさず認めましょう!

次のような褒めるほどのことでもないことも「認めること」はできます。

  • 朝、一人で起きてきた
  • 自分のものを片付けた
  • 時間になったら勉強を始めた
  • ちょっと約束の時間過ぎているけれどゲームをやめた

これらの行動を見つけたときに、軽く一言でいいので認める言葉をかけましょう!

筆者

私は上の内容ならば、次のように言っていました♪

  • 一人で起きてきたじゃん!朝忙しいから助かるよ
  • わ、〇〇片付けてあるね
  • 勉強を始めたんだ、いいね!
  • ちゃんとゲームの約束時間、気にしてくれてるね

さらに、ちょっとしたことでも感謝の気持ちを伝えることもものすごく効果的でした!

  • 落とした物を拾ってくれた
  • スマホのアラームを止めてくれた
  • 玄関で先に入らせてくれた

こんなちょっとしたことでも、すかさず「ありがとう」を言うようにしました。

読者さま

ちょっとしたことに「ありがとう」って言いづらいかも。
言い慣れていなくて…

筆者

私も最初は照れくさい気持ちもありましたが、すぐに慣れました!
子どもも、顔には出さないけれどまんざらではない様子でしたよ♪

子どもの心に「認められた・感謝された」という気持ちが増えていきますね。

そうすると前向きになり、ほっといてもさらによい行動が増えることにつながりますよ

こちらの要望の正しい伝え方を知る

ほっとくベースにしていると、色々言わなくていいですよね。そのため子供に親の言葉を聞くゆとりが出てきている様子でした。

そうなるとこちらの要望も伝えやすくなります。

こちらの要望を伝える機会が増えてきたとき、「I(アイ)メッセージで伝える」ということを大切にしました。                 

アイメッセージとは、「私」を主語にして相手の行動を促すメッセージです。相手の行動により「私」がどう感じるのかを言葉で表現することにより、相手が自主性を失わず承認に結びつけるテクニックの1つです

(引用元:アイデム人と仕事研究所|相手から共感を得られる「アイメッセージ」 )

自分の意見や気持ちを「私」を主語にして伝えることで、相手を非難したりせずに尊重したコミュニケーションができます。

反対に「あなた(You)」が主語になるユーメッセージもあります。こちらは、相手を評価したり非難したりするニュアンスを持ちやすく、相手がメッセージを受け入れにくくなる場合があります。

例えば、子どもの帰宅が遅い場合の伝え方です。

例|子どもの帰宅が遅くて心配していた場合

Youメッセージ:「(あなたは)帰ってくるの遅いよ!」

Iメッセージ:「(私は)帰りが遅いことを心配していたよ」

筆者

Youメッセージだと、ただ子どもを非難していることしか伝えられていません…

読者さま

Iメッセージだと心配していたことが伝わりますね

私がIメッセージで伝えることで、全部ではありませんが親の気持ちや要望を子どもも聞き入れてくれるようになりました

同じ内容でも伝え方しだいで相手の心にスッと入ったり、逆に壁を作らせてしまったりするので、伝え方はとても重要です。

筆者

ただわかっていても、そういったスキルを身に着けるのは簡単ではないですよね…

そんな時には「伝え方コミュニケーション検定」 で学ぶのが近道です!

「伝え方コミュニケーション検定」は文部科学省の調査研究事業で採用されており、性格統計学をもとにコミュニケーションのスキルを身に着けるものです。

たとえば、次のようなお悩みはありませんか?

  • 自分では一生懸命伝えているのに、子供はわかってくれない・動いてくれない
  • 応援やほめる言葉を伝えても子供に響いていない様子
  • こちらの言葉を興味を持って聞いてほしいがうまくいかない

その原因は、多くの場合は価値観(ものの見方や考え方)の違いから起こるコミュニケーションギャップと考えられます。

人は「自分が響く言葉が、相手も同じように響くはず」と思いこんでいる傾向がありますが、それは間違いです。

あなたが響く言葉だからといって、子供も響くとは限らないのです。自分が産み育てた子供であっても!

実際に筆者も、子供と自分の性格統計上の違いがあったのに、無理に自分の伝え方でコミュニケーションを取ろうとしていました。

筆者

その時は、うまくコミュニケーションが取れないことで、お互いにしんどい日々でした…

わかってほしいのにわかってくれず、強い言い方になってしまったり、何度も言ってうざがられて余計に聞いてくれなかったり…

悪循環だと感じていたけれど、どうしていいかわからなかった日々…。

ですが、良い伝え方を知ると、親子のコミュニケーションがグッと楽になりました

筆者は自分の体験から次のように感じました。

  • 子供に伝わりやすくなったので、何度も言わなくてよくなった
  • 強い言い方をしなくてよくなった
  • お互いの雰囲気がよくなり笑顔で話せる時間が増えた!

また、私が良い伝え方を実践することで、子供も伝え方が上手になってきたと感じます!

筆者

子供も伝え方が上手になってきたのは、嬉しい副効果でした!

子供とのコミュニケーションに悩んでいるけれど、どうしたらいいかわからない方子供との関係をよくするきっかけを探している方は、子供の性格に合わせてやる気を出す伝え方・励まし方がわかる伝え方コミュニケーション検定 を学んでみることを強くおススメします!

筆者が反抗期の子供との接し方がラクになった

↓ コミュニケーション講座を見てみる ↓

筆者

筆者も今まで頑張っていた自分へのご褒美✨と思って学び始めて、本当によかったです


反抗期の中学生【正しくほっとく】5つの方法|まとめ

この記事では、反抗期の中学生を正しくほっとく方法5つを実践した結果とともにお伝えしました。

我が家は、反抗期の中学生のことで次のように悩んでいました。

反抗期の様子
  • 自分の要望だけしつこく伝えてくるが、かなわないとキレる
  • 話かけても、無視をする
  • 注意をしても、くちごたえをしてきかない
  • 親の傷つくことや暴言を簡単に言う
  • 部屋にひきこもって関わることを嫌がる
  • イライラして物にあたる
親の悩み
  • 子供と仲良く過ごしたいのにすぐにけんかになってしまう
  • 注意ばかりしてしまい疲れる
  • ひどいを態度取られたり暴言を言われて傷つく
  • 親を大事にしてくれないことでむなしくなる
  • かわいかった小さな頃と比べて、必要とされないことやうざがられることが悲しい

心理学などの情報により、反抗期の中学生は「ほっとく」こと相手に合わせた伝え方が必要だと気付いた私は次の5つのポイントに気を付けて接しました。

  1. 信用を伝えるために「ほっとく」ベースにする心構えを持つ
  2. 話かけてきた時は共感を心がける
  3. 待つ、そして「大丈夫?」と声をかける
  4. 認める&感謝は効果大!
  5. こちらの要望の正しい伝え方を知る

まず「ほっとく」ベースにする心構えを持つことが大切です。それにより子どもに信用が伝わります。

そのうえで、共感することや命令をせずに「大丈夫かな?」と声をかけることを意識します。

子どもがほんの少しでも良い行動をしていたら、すかさず認めたり「ありがとう」を伝えると、子どもの心が前向きになり、さらに良い行動が増えることもお話ししました。

ほっとくことで子どもに心のゆとりが出てきたら、親の要望を伝えるタイミングです。

このとき子どもが受け入れやすい伝え方(=Ⅰメッセージ)をしましょう。同じ内容でも伝え方しだいで相手の心にスッと入ったり、逆に壁を作らせてしまったりするので、伝え方はとても重要です。

伝え方のスキルUPにおすすめの「伝え方コミュニケーション検定」 も紹介しました。


私は良い伝え方を知り、親子のコミュニケーションもグッと楽になりましたよ!また、私が良い伝え方を実践することで、子どもも伝え方が上手になってきていることを感じています。

反抗期の中学生を正しくほっとくことで、母親の疲れた心を楽にしてより良い親子関係をつくっていきましょう。

ぜひ参考にしてくださいね!

最後までお読みいただきありがとうございました。



よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

中学生と小学生の2人の子どもの母。子育てや知育・幼児教育の知識が多く、森の幼稚園やどろんこ保育のスタッフもしてきました。
実際に子どもを育てている母の目線も活かしながら、育児や学習についての情報を発信しています。

◎知育教材が好きで、子どもと色々な通信教材や学習スタイルを経験。
◎子どもは国立小中に通い中。父親は元教員で受験指導を多数経験。

記事の一部に、本当にいい!と思う商品のPRを含みます。
Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。

目次